ビデオはここをクリック => http://www.hirahidenobu.com/

トップページ >検索エンジン最適化対策> キーワードについて再考

キーワードについて再考


今回はキーワードの重要性についてもう一度

これまでは(10月)
YAHOO!で、ある程度の数のキーワードを記事の中に入れておいて
被リンクもそこそこあれば、トップページに居る事は可能でした。
もちろん他の一般的な検索エンジン対策が必要なのは言うまでもありません。

しかし今は違います。
キーワードマッチや言い古された検索エンジン対策だけでは、上位表示は望めなくなって来ました。
GOOGLEのページランクに匹敵するものに、リンクポピュラティーというものが有るようです。
リンクポピュラティーはリンクの質、被リンクの質や量、リンク切れ、テーマに沿ったリンクのキーワードを含んだテキスト部分は、以前よりも重要視されているのかもしれません。

被リンク、リンク切れを調べる方法は
Google検索窓
link:URL(調べたいリンク・アドレス)

としてもあまり詳しく出てきませんでしたが
ここのSEOツール
はかなり詳しいです。


ある程度やむを得ないのかも知れませんが、これまでディレクトリー登録されていたサイトが、結構上位に居る様に思えます。
これは、これはこれで一般の登録されていない人には、標準の『WEB検索』は土俵がやや改善されたと見れば、良い事なのかも知れません。
試しにYahoo!検索窓の『登録サイト』を選んで検索してみると、もうこちらには戻れません。

今のYAHOO!のインデックスは相当な数です。
これも検索結果を上位表示から遠ざけている一因に思えます。

その為か、検索エンジンrobotsがやって来てからの更新は以前より遅く感じます。
スパムのようなキーワードを連続で並べたサイトがトップにいるケースも有りました。
YSTの完成度が???という話も聞きました。


この様な状況の中で一体どうすればいいのでしょうか?
やはり、将来を考えての中身のあるサイトは当然なのでしょう。

それ以外にも重要なのは、キーワードなのではないかと思います。
検索エンジン対策に長けた業者に勝てる唯一の方法は、試行錯誤が必要ですが
キーワードアドバイスツールなどで、購買につながるキーワードや月間の検索回数など考慮する。

そしてそのキーワードから感じ取れるキーワードのメッセージを分析して、より効果の有りそうなキーワードやキーワードの組合せを探していくことが必要だと思います。

そしてより早くサイトやページを作り上げることだと思います。

Posted by yumyu1 : 11:07 | Comments (0) | Trackbacks (0) | アフィリエイトと検索エンジンの知識 TOP↑

trackbacks

trackbackURL:

comments

コメントを投稿