ビデオはここをクリック => http://www.hirahidenobu.com/

Movable Typeでブログを量産

Movable Type テンプレートを前回紹介しました。

Movable Typeなどでブログを量産している方も多いと思います。
私もMTで、ブログを量産しています。

MTで量産する方法は、設定の管理画面で、タイトルとurlアドレスを2か所入れるだけで、同一サーバー内なら何個でも出来てしまうことです。再構築は必要ですが、テンプレートも変えないのであれば、1ブログ1分で出来てしまいます。

サーバーが同じと言うことは、MovableTypeを1つインストールすれば済むので、Movable Typeの追加ライセンスの心配がありません。従ってサーバーの観点からは、ドメイン、サブドメインを、何個でも無料で作れるサーバーが良いことになります。

私が使っているXREAのサーバーは、容量が2ギガバイトも有って良いのですが、サブドメインをいくつ入れられるのかが良く分かりません。

XREA+ プラスサービス 概要には、(ログインしていないと見れない画面です)

サブドメインは    対応(20個)
マルチドメインは   対応(20個) となっています。


バリュードメイン(value-domain)のDNS設定方法と注意事項で確認して見ると(ログインが必要)、

設定数上限は100個と書いてあります。


上記からXREAのサーバー側が各々20個ということは、
まさかマルチドメインで20xサブドメイン20=400ということはないだろう(やっていないので分からない)という勝手な判断。
というか、ドメイン、サブドメインの入力欄に
ドメイン情報入力(最大:20個)
とあるので間違いないだろう。


ドメインだけの運用でサブドメインを作らなければ、ドメインを20個程度入れたマルチドメインで運用できるのだろう(この場合サブドメインはつくらない)との判断です。

または、サブドメインを作ることを考慮した場合、1つのドメインに対して9個程度のサブドメインを作るとして、1つのサーバーに入れられるのは、2ドメイン分の20個程度ということになります。


結局サブドメインを希望する数だけ出来なかった時困るので、MTの量産用のサーバーは
Xサーバーに決めました。
これです。
月額1,050円で高機能・安心レンタルサーバー

Xサーバーではスタンダードプランが月1050円で、設定が楽なこと(CRONも簡単に設定可能)、1.5GBありブログ量産にもってこいでした。
もちろん先ほどのサーバーのドメイン数、サブドメイン数が無制限(サーバー容量が許す限り)でした。(他の会社ではドメインの追加料金が必要なところもある)

簡単には使いきれないほどです。(MovableTypeの導入は1回のみだから)
もちろんXREAサーバーの方が2400円/年とかなり安いので魅力です。
マルチドメイン、サブドメインの作成可能数が、不明なので試す時間を考慮した場合、部ログを量産した方が結果的に早く、多くのブログを作れると判断したのです。

ドメイン取得をバリュードメインでして、サーバーはXサーバーにするのは簡単です。
バリュードメイン(value-domain)の
「ネームサーバー変更」のページで

ネームサーバー 1 NS1.XSERVER.JP
ネームサーバー 2 NS2.XSERVER.JP

に設定して数時間(早い時もあれば、遅い時も)待つだけです。

ブログ量産に欠かせないのが、記事ですね。ここで止まってしまっては折角のこれまでの準備やMovableTypeの実力が発揮できないし、もったいない。

ということで記事を手に入れる素敵なサービスを見つけました。

「チリもつもればマウンテン」
という記事を毎月100記事もらえます。もちろん無料ではありませんが、1,000字の記事が毎月100記事と言うことは、30円/1記事と言うことになります。
ちょっとあり得ないと思いませんか?これがあれば最低でも、毎月100ブログは作れますね。(「チリもつもればマウンテン」にはもっといい使用方法も書いてありましたが)

実は、いま(まだ大丈夫だった)入会金もなしで価格も抑えられているんです。
私もこれからは、記事が無いなんて悩まなくて済みますね。


Posted by yumyu1 : 21:13 | Comments (0) | Trackbacks (0) | アフィリエイトと検索エンジンの知識 TOP↑

アドセンス広告

13日の記事『アドセンス広告承認』に続いてアチコチに
アドセンス広告をを導入してみました。

ここでやったことは、やはりページに溶け込ませること。
良く言われているように、カラーを合わせることにしました。
バックグランドのカラーの取得、チョット面倒でした。(こんなことばかり書いていると誰もクリックしてくれないな)

というのもバックグランドのカラーコードの取得方法です。簡単に出来ないかなといろいろ使ってみました。


ホームページ・ビルダーを持っていれば
プルダウンメニューの表示からカラーパレットを選択し、ペンアイコンを左クリックして知りたい色の所へ何処へでもドラッグですね。

これでカラーコードを取得します。カラーパレットの上の方の長方形の四角なマスに取得した色が表示されていますね。数値も出ますし、その取得した長方形のカラ−の上にポイントして変えたい部分までドラッグですね。
スライドバーなどでRGBを変えられるともっといいのですが・・。
(ver.7なので現行ver.はどうなのか知らないです)

知ってしまえば簡単なことですが、ホームページ・ビルダーを使っていますから
他のTOOLを探すまでも無かったです。


でも探してみました。
わたげ氏作のColor Dialog 003というフリーウエアです。

これはかなり高機能で便利そうです。
フォントタグのグラデーションやドラッグ&ドロップも使用できます。場所もとらず使い勝手が良さそうなのでデスクトップに置いておきました。
色々な事が出来そうで遊べます。


アドセンスの設定画面で、アドセンス広告を、広告のように見えないように配置することは結構難しいです。
GoogleAdsense の規約に違反せず、なお且つクリックしてもらう方法知りたいです。

あっ絶対に守らなければいけないことは『自分でクリックしてはいけない!』です。
大切なのでもう一度
注意点は『絶対に自分でクリックしてはいけない』ということ。

もうひとつ忘れてた。
気のせいかグーグルアドセンス広告を出すと(貼り付けると)Googleが来てくれるのが早いかも知れない?

新サイトを2週間くらい前に、検索エンジンロボットさんクロールに来てねとGoogleで URL の登録と更新で申請。
一向に音沙汰なし。
ところが
アドセンス広告を貼り付けたあくる日検索エンジンロボットが来てました。
偶然か、どうかは分かりませんが、やらないよりやった方がもいいかも。

Posted by yumyu1 : 12:32 | Comments (0) | Trackbacks (0) | アフィリエイトと検索エンジンの知識 TOP↑

ASP承認の壁

アマゾンアソシエイトに登録申請も無事通過(承認ですね)しました。
このところGoogle のアドセンスA8.netインフォカートその他にと、立て続けにASP(Application Service Provider)等に申請していましたが
A8.net はともかく、申請したところは全部、無事に承認されました。

というのも、実は以前ある所にここのサイトアフィリエイトと検索エンジンの知識を申請をして、承認されなかったのです。
まだ出来て間が無かったのですが、記事数も少なく、審査対象から外れても仕方の無い状態だったのですね。
とてもアフィリエイトをするようなサイトに、見えなかったのでしょう。

今から考えてみると、よくGoogle のアドセンスアマゾンアソシエイトに承認してもらえたなあと言うのが実感です。
記事が少しは多くなり、やっと通過したのかもしれませんし、運が良かったのかもしれません。

毎日きちんと記事を書く人には、審査の結果が承認される(た)ことなど当たり前なのかもしれないですけど
私にとってはASP承認の壁は、結構厚いものでした。


ブログなどのサイトの記事の内容が充実していて、真剣さなどが読み手に伝わるブログサイトなら良いでしょう。
しかしアフィリエイトサイトなどの商用の場合は、最低でもこれくらいは満たしていなければという基準や条件があるはずです。


私の場合はこの基準や条件に、自信が無かったこともあり、やってみたことがあります。
それはブログサイトを紹介する、又は希望や意見の欄に書く文を丁寧に書いたのです。
ここで面倒くさいからといって、いい加減にしなかったのです。


紹介文を書く欄などには真剣さと、お願いする態度が必要なのかなとも思います。
やはり、アフィリエイトそのものにしても、ASP の申請にしても、向こうには相手が居るんだということ忘れてはいけないのだと思います。


そうそう、次回は究極の Movable Type検索エンジン対策にシックス・アパート 、最新版の Movable Type 3.2
検索エンジン対策にシックス・アパート のインストールに挑戦します。
検索エンジン対策に最も有効と言われているブログ、ウェブログというのかな?楽しみです。

Posted by yumyu1 : 22:40 | Comments (0) | Trackbacks (0) | アフィリエイトと検索エンジンの知識 TOP↑