トップページ > 2007年11月

記事要訳ソフト&記事提供サービス

記事を書くのって、結構面倒なのです。記事提供サービスを使っているにも拘らずです。

記事を書くことって、時間がかかりすぎて、サイト量産にブレーキがかかります。
検索エンジンの事もかんがえて、キーワードの配置やキーワ−ドの数にも気を配りながら、リンクも飛ばしてなどとやっていると大変なのですね。

そこで記事提供サービスだから楽に早く出来るだろうと思ったのは少し間違いでした。
もちろん、一から考えて書くよりは格段に早く、楽に書けるのですが、記事提供サービスだからゆえに当然、提供された記事に変更を加えなければなりません。

これが結構面倒なのです。

時々、このままコピー、ペーストして投稿してやろうか…なんてことも。
ウソです。そんなことしたらスパムで、自分だけでなく多くの人に迷惑が掛かります。

でも、やったら量産スピードが上がり早いだろうなと思います。皆が記事の変更を確実にして、自分だけそのままの文章で投稿する…‥=スパムにならない!

検索ロボットもどれも皆、似て非なる文章だったらスパムにできない。

良い案でしょう。


まあ実際には、そうは行かないのが世の常。


冗談はこの位にして、新たに数行文章を追加、行の並び変え、言い回し、語尾の変更、二つの文を一つにとか、考えられることをやっているのですが、疲れます。

時間もかかります。

自分の知っている事柄なら、多少は楽に記事の変更ができるのですが、知らないことの場合はさっぱり筆が進みません。(実際はキーボードなのですが)


記事サービスは、実は多数用意(購入)していて、それらの記事を混ぜ合わすことも多いです。記事のまぜご飯みたいなものです。シェイクしてます。
記事提供サービスは
マッハ二章ver2‐文章作成サービス
リッチコンテンツ提供サービス

チリもつもればマウンテン

コンテンツマスター3000
などです。
それぞれに、良いところや、短所もありますが皆便利に使わせて頂いてます。


たまに、一時有名になった記事の要約ソフト、「文書作成ソフト ズバリ要約」(ソースネクスト)を利用しています。
これは、記事を増やすことはできませんが、スライドバーで何パーセントにするかを決めて、ポチッと押せば出来上がりなのですが、あまり圧縮すると意味が通らなくなります。

多くの記事を、連続で記事の要約を行う場合は多少使いづらいですが、必要なキーワードは要約しないように、マークをしておくこともできます。長文だと苛立ってくるので、あまり圧縮をしないようにした方が早いです。

但し、出来上がった記事を見直すことをしないと、変な文になっていることがあります。急ぐ時はそのままで、記事投稿時に最終的に見直すでしょうからまあ手を抜くこともできます。

例えば記事の要約率を50%程度にすると、省略されている部分が増えすぎて意味が分からなくなる場合があります。

丁度50%にならない場合もありますが、賢いなあと感心するところもあります。
あればいいかなと言う程度でしか使っていませんが、記事その物を重視したブログやサイトでなければ最近よく見る単語の羅列のようなブログよりは比較にならないくらい十分に使えるでしょう。


しかし、ソースネクストの「文書作成ソフト ズバリ要約」は販売中止のようです。
楽天もこの前まであったと思うのですが、今はありません。アマゾンでも入荷予定なし
でした。Yahoo!オークションなら出てくることがあるかも知れません。


売っていないのなら書くなと言われそうなので、知らない人もおられるかと思いますので、別なものを紹介しておきます。

それは「MSのWORDや一太郎」の文章要約機能もほぼ同等に使えるようです。
秀丸(有料)にもあったのかな?

これなら買わずに済むとということで‥


【記事提供サービス】アドセンス、アフィリエイトサイト量産の時間短縮に・・・チリもつもればマウンテン


コンテンツマスター3000
記事をさらに大幅に増量して、4000記事、今回もわずか100セット限定販売です。



リッチコンテンツ提供サービス

Page Top ▲

賢威テンプレートとツール


賢威テンプレート(アドセンスとアフィリエイトの量産システム)でサイト作りをしていると、忘れていたりして、困ることが多多あります。


でもそこはツ−ル「Crescent Eve」のお世話になることが多く、普段はエディターとして使い、htmlコードを修正する時は軽くて早いし便利なのです。

普段は普通のエディターの顔?をしていますが、htmlコードをペーストして(1から書いても良いが‥)、プルダウンメニューから「Htmlプレビューを表示」を押すとあら不思議、画面が2分割で一方にはhtml code、もう1つにはコードを修正する度にリアルで表示してくれます。
驚いたことに、実は3分割になり、この枠の画面には間違いの行まで表示してくれて,
クリックすると間違い箇所を教えてくれます。
更には、例えば文字列の保管機能もあり、<s…>
と「s」の文字を入れるとstrongなどの「s」から始まる候補が出ます。


まだまだ感心するのは、検索窓です。
希望の文字列をペーストすると「上下ともにマッチしません」とか教えてくれます。
これだけでもかなり重宝します。

文字コードが、shift-jis、utf-8、euc、unicodeなど、また改行がcr、cr+lfなどと、賢威テンプレートや、特にMTのテンプレート貼り変えには注意いが必要で困ります。これにも設定をしておくと警告音で注意を促してくれます。


多くの使いきれない機能がありますが、今ではホームページビルダーは必要なくなりました。
前はホームページビルダーでやっていたことが、「Crescent Eve」でほとんど出来てしまいます。

ホームページビルダーには、その持ち味の機能や良さがありますが、要らないコードが増えるホームページビルダーver.7(を使っていました)に参っていたので出番が次第になくなってきたのです。
今のホームページビルダーは、良くなっているのでしょうが、「Crescent Eve」で困ることはありません。


賢威テンプレート(2007年08月: アフィリエイトと検索エンジンの知識)もちゃんと表示してくれます。
デザインも寂しいほどシンプルで垢抜けていて好きです。

そうそう、ホームページビルダーver.11のアップグレード版が、ソースネクストで1,980円(税込)で売られていました。今月一杯までの価格でした。送料も無料でした。
素材など欲しい方にも良いかも知れませんね。

自分は多すぎてこれ、PLAMO-x(プラモ-カイ)で充分です



圧倒的な実績と信頼!SEO対策のロングセラー「賢威2.0」。近日発売の「賢威3.0」への無償バージョンアップが可能!+賢威テンプレート!

Page Top ▲

ブログ量産の勢いが衰えていました

ブログの量産をしていて、アクセスが激減したため、多少ブログ量産の勢いが衰えていました

正直、辛いですね。YAHOO!が変わり、このままブログを作って良いものだろうか…と迷いが出始めます。
最近は、昔やっていたhtmlでサイトを作っていた頃を思い出しながらサイトの作成に精を出していました。ブログに比べると割と面倒だなと思います。
ブログが出始めのころは、ブログなんて皆同じ感じがして動作も遅くてイヤでした。

今は無料ブログやMTに慣れてしまって、逆にhtmlでのサイト作りが面倒です。
特にリンク構造が手仕事になり簡単ではないし、ブログのありがたさが分かります。
簡単になった
賢威のテンプレートを使っているのでかなり助かってはいますが、変更箇所はどうしても出てきます。


最近のYAHOO!は無料ブログに冷たく、あまり評価されないと聞きます。
しかし、作ってしまったものは削除するわけにはいかず、少しくらいダメだといっても、使い道はある筈。

「何かいい方法がるはず」こんな事思いながら、無料ブログやMTの作り方に変化を持たせてブログと、
賢威のテンプレートを使ってサイトを作っていましす。

作ったブログやサイトのキャッシュやIndexさせることには困らないのですが(ブックマーク Expert(アフィリエイトと検索エンジンの知識))、どうしても余り上位に来ないのが悩みでした。

リンクもドメイン、サブドメイン、IPのこともあって、これまでのように簡単にはいかない。(リンク構造再構築のため、一度殆どの自前の危なそうなリンクを外した)


ソーシャルブックマークのツールで被リンクを増加していたので、眼に見えて被リンクが減少するようなことはなかった。むしろYAHOO!の日常の被リンクやインデックスの変化の方が気になるくらいだ。

しかしこの強力なソーシャルブックマーク・ツールも万全ではない。あまりにもこのツールで被リンクを稼ぎすぎている(ブックマーク登録の比率が多い)ので、検索エンジン側からブックマーク登録が評価され無くなった時が怖い。

その日が来るのかどうかは分からないが、少し前、その様なことが感じられた日があったのだ。(深夜検索順位を見ていると、インデックスは激減し被リンクがほんの僅かに残っているだけだった。がっかりして朝もう一度チェックすると元に戻っていた)この時Yahoo!が、何かを変えていたのだとするとブックマーク登録過多の性ではないと思うが、今でも良く分からない。テストをしていたのかも知れない(<-いつもテストのようにも思えるが‥)。
やはり、ツールは正しく?自然になるよう使ってこそ力を発揮するのだろう。


さて、そろそろリンクを始めても良いかなと思っていたところ昨夜
とんでもないモノ、「クローズdoノート=サイトアフィリエイトで稼ぐための参考書=」を目にした。と言うのもタイミングよく、上記に書いた無料ブログやドメイン、リンク構造などを解決するモノだったのです。そのほかにもキーワードについての探し方も理解できました。
見逃さずに絶対読んでいる有名な3方のもので不安もなく、規定数○○で締切?値上げ?だったので迷わず手に入れました。

しかも、とんでもないと言うのが内容だけではなく『お値段も』だったのですね。
疑問に思っていたことや不安だったことががほぼ解決したので、これからのブログやサイト作りに不安なく進めます。
私にとって、今求めていたアフィリエイトで稼ぐための参考書になり、タイムリーな出来事でした。あ、それから自己アフィリ対応です。





クローズdoノート=サイトアフィリエイトで稼ぐための参考書=




圧倒的な実績と信頼!SEO対策のロングセラー「賢威2.0」。近日発売の「賢威3.0」への無償バージョンアップが可能!

Page Top ▲

Indexと被リンク対策

しかし困ったものです。YAHOO!のブログ嫌いには。
というかアフィリエイトも嫌いとは…。

巷の話では、INDEXが削除されつつあるそうで、何とも恐い話です。
と言うことは、被リンクも減少傾向なのかも知れません。
私のところは、Index、被リンクとも、今のところ増加傾向です。
もっと詳しく言うと、最近の被リンクの変動幅は一ケタ台で一進一退を繰り返しつつといったところですね。

毎日SEOトレンドサーチ(YAHOO!が変動!: アフィリエイトと検索エンジンの知識)で検索順位の結果と被リンク数、実被リンク数とそれぞれの変動幅を見ているのですが、YAHOO!はGoogleやMSNに比べて変動幅が多いですね。極端に変わる日も結構あります。

毎日結果を記録しながら見ているので、小変更があったなとすぐに分かってしまいます。
それで被リンクが下がった日は、INDEXも下がる傾向にあります。
最初にIndexはが増加していると書きましたが、この理由はおそらく、ブックマーク Expert(YAHOO!が変動!: アフィリエイトと検索エンジンの知識)の結果、ブックマークへの登録が徐々に検索ロボットに浸透して来ているのだと思います。

このブックマークへの登録は強力で、1箇所への登録=1被リンクではなく、タグからの被リンクが相当あるようです。気をつけないと一度に被リンクが増える恐れがあるので使い方には要注意です。
自分では恐るおそる徐々に登録して行ったつもりでしたが、結構早く被リンク増加となってしまいました。
今は、登録を一時休止して、新生?ブログのIndex専用に使っています。1、2カ所ほどブックマーク登録しておくと
確実にではありませんが1日〜遅くても1週間以内には、ほぼINDEXされています。PING送信だけではタイミングもあるのか中々Indexに繋がらないこともあったのです…

被リンクはとても重要ですが、ブックマークからの被リンクばかりでは不自然なので違った意味で被リンク対策に悩みます。ブックマークへの登録があまり評価されなくなった場合も心配ですし、バランスが大切ですからね。


その他の被リンク対策でサテライトを自前で作るのですが、自動投稿なども使ってみても、なぜかRSSばかりの投稿でも気が引けます。RSSを使用しないものも結構面倒でしたので、本格的に使っていなかったPLAMO WEB2.0を(初代から使用)使ってサテライトにすることにしました。

PLAMO WEB2.0の素晴らしいところは、サテライトにもなるという、またアフィリでも両方行けることです。ブログが多数を占める中、ちょうど良いのです。(Yahoo!対策としても)
しかも、一度の作業で両方を兼ねるので2度美味しい!(アドセンスはやりません)

MTをインストールしたサーバーでなくても、htmlなのでサーバーを選びません。(正式には、XserverとSakura、ロりポップー>ですがXreaでもOKだった)


そんなところに、PLAMO_x(新バージョン)が出てきました。

これまでもかなり良いと思っていたのに、進化しています。
相当強力な武器になりそうです。プラモ カイと読むのだそうです。
MTにも対応し(これは嬉しい)、色々なパターンで作れるようだ。今日、(昨日になってしまった)発売されて、楽天、電脳卸、Amazon、ビッターズなどのアフィリリンク
を使ったサイト、ブログにも拍車がかかりそうです。


Page Top ▲

アドセンスブログを量産したものの‥

アドセンスとアフィリエイトブログの量産を、検索順位下降にもめげず続けております。
最初はYAHOO!からスパムのペナルティーを受けたのかと思ったほどでしたねえ。

対策として取りあえずやったことは、同一IP内の異なったドメイン、サブドメインどうしのリンクを外しました。相互リンクも一方的なリンクもです。
多少はいいのでしょうが、殆んどが自前のリンクでバレバレのままというのはまずいかなってことで整理してみました。
これで検索順位が変動するってことはないでしょうが、(多少被リンク数が下がってしまうが…)、後々のための展開を考慮。

被リンクの評価にも気を使わなくてはならないとは、サーバーを10か所くらい借りていていても、まだ不足しています。もちろん無料ブログなども利用していても個人では限界があります。親兄弟、親戚に頼めるならそれもお願いしたいところです(笑)。

結局のところ、やはり巷で言われているように、Yahoo!のカテゴリーサイトを自前で多数持ち、ここからの被リンクを得ることが一番の被リンク効果が大きいそうだ。
それで上位表示が可能になる。
自分には出来そうにないから言うけど、YAHOO!内で完結って言うのも、なんか面白くないです。

しかし簡単ではないですね。ブログ量産を主にやってきた自分にとってはカテゴリーサイト登録なんて夢のまた夢ですわ。


キーワードアドバイスツールが使えますに書いてから、今も使えていますね?
今年いっぱいは使えるのかな?
4月までのデータとは言え、参考にはなりますからね。ロングテールなどのキーワードなどにも使える。+アクセス解析からの検索ワードなんて入れておくと‥

という訳でアドセンスとアフィリエイトブログを量産したものの生き残らなくてはならないっていうので、
消えるサイト、生き残るサイト
って言う本をアマゾンではなく楽天で買いました。
(楽天ポイントがあるから)

1年前からアドセンス用に記事を購入している「マッハ二章」の近藤氏からの推薦書籍でした。

Page Top ▲